色々な出来事

2014年12月08日

写真上から縄文土器つくり(5年社会科)。千葉の賀曽貝塚で頂いてきた土を使って土器を作り、それをしばらく乾燥させたものを野焼きにしました。図書の秋山先生と理科の大沼先生。正門横の掲示板にお二人の力作が掲示されています。完全防備の写真は昆虫同好会。スキー場のゴンドラ乗りばではありません。日野川原に越冬昆虫を求めて出かけました。総勢40名。何とも不思議な集団です。お目当てはマイマイかぶり、クワガタの幼虫、カブトムシの幼虫、カミキリの幼虫、クワガタの成虫、スズメバチなど。この日はムカデもとれました。かかった費用は交通費のみ。お宝を求めて柳の倒木を無我夢中で掘りました。ゲットした幼虫は家で育てます。本物を体験することで本物の知識と行動力を身につけていきます。ゲームなどデジタル機器は必要ありません。そんなものがなくても存分に楽しむことが出来ます。幼虫が成虫になったときの喜びはさぞかし大きい事でしょう。箱を持ってのカメラ目線は剛力です。誕生日ということで講師大内さんの奥様がバースデイケーキを焼いて下さいました。嬉しい限りです。この日参加した皆様と美味しく美味しく頂きました。ストレス0で嬉しく楽しいことばかり。生きるって本当に素晴らしいですね。豊かな仲間に出会えたことに感謝です。砂鉄から鉄を作っているのは6年生。ここでも体験を通じて確かな認識を身につけます。溶鉱炉も子どもたちが作りました。子どもたちが労働している傍らで保護者の方が豚汁を作って下さいました。子どもたちを暖かく応援して下さる保護者の方々は明星の宝です。写真下は一年生のポシェット作り(総合学習)。自分の頭と目と手を使ってポシェットを織っていきます。卒業生である山本先生は一年生の時に総合で作ったこのポシェットを今でも大切に飾っておられます。ゆっくり・じっくり・しっかり。大切なのは自分としっかり向き合うことです。完成が楽しみですね。(副校長 剛力)

 

 

 

先生ブログ
ページTOPへ