【2日目】大島見学旅行

2017年05月26日

大島見学旅行、2日目!始まりました!

早朝から雨がパラパラと落ちるあいにくの空模様でスタートしました。今日は三原山の大島温泉ホテルから東に下る登山道「テキサスコース」を歩き、大島公園を目指しました。

途中の裏砂漠では、細かい溶岩が砂利のように広がる場所で、昨日に引き続き「虹色の溶岩」探しに真剣な様子のみんながみられました。それぞれ思い思いの時間の過ごし方をしていました。

こうした砂利道を抜けると、山奥の山道をしばらく歩き続けました。途中で、東京では目にしたことがない、こんな奇妙な植物を発見。

そして歩き続けること2時間。やっと大島公園に到着しました。すでにお弁当を届けてくださっていて、広場に集まってみんなで昼食をとりました。

そのあとは1時間ほど、この大島公園で時間を過ごしました。木に登ってみたり、広い草っ原で鬼ごっこをしてみたり…さっきまでヘトヘトで登山をしていたというのに!ご飯を食べたらすっかり元気に元どおり!

存分に体を動かしたあとは、ふるさと体験館へ。

クラスごとに御神火太鼓と大島焼き体験をしました。御神火太鼓を教えてくださった先生のソロ演奏は、二つの太鼓を自在に操りながら、静かで力強い掛け声をかけていてとても躍動感がありました。

陶芸も太鼓もたっぷり1時間ほど体験したあとは、大島の地層切断面と波浮港見学に向かいました。地層断面は高さ24m、長さは650mにも渡り、地球の活動のダイナミックさを感じることができました。波浮港は、水蒸気爆発によって作られた港ということで見学に行きました。

海を前にして、「カニがいる!」「魚がいる!」と大興奮の子供たち。

そしてホテルに向かいます。

見学旅行最後の夕食は、鯛と野菜のしゃぶしゃぶでした!

 

あっという間に、明日が最終日です。3日目は火山博物館での学習と大島動物公園にて動物とのふれあいをします!

 

先生ブログ
ページTOPへ