7年生を対象に、ネット・スマホ安全講習会が行われました。

2014年09月12日

今日12日の5校時、7年生対象にネット・スマホ安全講習会を開きました。講師はプラムシステムズ(株)の石村さん。「家に帰ってからスマホやネットをどれくらいの時間見ていますか?」の問いに子どもたちは手を挙げます。全く見ない子どもたちもいます。1時間2時間、同じくらいの数の手が挙がります。驚いたことに4時間以上でも何人かが手を挙げていました。「ネットに書き込みや写真を載せるということは、27億人の人口の街の電信柱に自分の住所や学校名と一緒にそれを貼り出すのと同じ怖さがあるんです。」生徒たちは真剣に聞いています。

ネットやスマホは大変便利な機器です。と同時に使い方によっては取り返しのつかない傷を負ったり、その気がなくても相手を傷つけてしまうこともあります。被害者にならない。加害者にならない。そのためには機械を操作する以外の、マナーや知識が必要です。7年のこの時期に学習会を持つ必要性を改めて感じました。明日は保護者向けの講座が開かれます。

(中学校副校長 堀内)

中学校ニュース
ページTOPへ