明祭 9年生の活躍

2014年09月27日

今年の明祭への中学生の目玉は、何といっても9年生の卒研中間報告会。第一体育館の広い会場を、パネルで7つのブースに分け、2日間にわたり全員がお客さんの前でプレゼンテーションを行いました。どのブースにも卒研ボランティアの方に入っていただき、アドバイスをいただきました。多くの高校の先生も来て下さり、真剣な中学生の姿を見てもらうことが出来ました。進捗状況は人によりさまざまですが、現時点での取り組みを一つの形にしてまとめることができたこと、発表を聞いて下さった方からコメントカードをもらい、次のステップに進む動機付けとなったことは大きな成果だと思います。卒研発表会の本番は12月14日の日曜日。是非たくさんの方々に見ていただければと思います。

また、それ以外にもおもしろい企画や展示がたくさんありました。残念ながら全てを見ることはできませんでしたが、そんな中、自治会のメンバーは準備段階から大活躍でした。模擬店では笑顔と大声で楽しそうにお客さんのお相手をしている姿がとても印象的でした。有志参加ではダンスやバンドなどふだん見ることのできない生徒の様子も見ることができました。自分さえよければというのではなく、人とつながる中で自由に自分を表現する楽しさに気づき始めているのでしょう。頼もしく思います。

(中学校副校長 堀内雅人)

中学校ニュース
ページTOPへ