夏の教室2013 ~明星学園の文化を体験する1日~

2013年08月09日

7月27日(土)、夏の教室2013が開催されました。

明星学園では、学園のもつ文化を内外に発信し共有していただくことを目的とし、「夏の教室」「秋の教室」を開催しています。教職員・卒業生・保護者など学園関係者が講師となり、夏は幼児・小学生が楽しめるワークショップを中心に、秋は中高生や大人が楽しめる講座を中心に組んでいます。

今年の夏の教室は、「親子で踊ろう」「サッカー教室」「和太鼓をたたいてみよう」「剣道教室」「オリジナルフォトフレームをつくろう」「数と形で遊ぼう」「はじめての楽器体験」の7講座と、毎年恒例になりました本校生徒・卒業生・教員による全体講座「音楽の夕べ」の計8講座が開かれました。

とても暑い中でしたが、どの講座も親子で楽しんでいただけたように思います。「面白かった。楽しかった。また来たい。」という感想を多数いただいたのと同時に、各講座を手伝ってくれた生徒たちが「素晴らしかった」という声が多かったことは私としてはとてもうれしいことでした。

〇 親子で踊ろう

〇 サッカー教室

〇 和太鼓をたたいてみよう

〇 剣道教室

〇 オリジナルフォトフレームをつくろう

〇 数と形であそぼう

〇 はじめての楽器体験

 

〇 音楽の夕べ

アンサンブルクラブ・音楽部といった在校生の演奏の他、音楽の道に進んだ卒業生の演奏、国語の先生の朗読と音楽の先生のピアノ伴奏とのコラボ、理科の先生による即興ジャズピアノ、最後は音楽の先生たちが、それぞれの専門分野の演奏を披露してくれました。明星学園の特徴が表れた多様な才能の共演となりました。

 

8月3日長崎で行われる全国大会に出場するアンサンブルクラブの演奏

NHKコンクール東京都予選で「金賞」をとり、8月7日の東京都コンクール本選に出場する音楽部の合唱

卒業生の演奏

 

国語の先生の朗読と音楽の先生のピアノのコラボレーション。感動的な内容と朗読。多くの人がに引き込まれていきました。

 

みんなの度肝をぬいた、理科の先生の即興ジャズピアノ

音楽の先生たちによる演奏

 

普段、私たちが授業やクラブ活動で大切にしていることを内部の人だけでなく、地域の方々と共有することができました。

明星学園の文化を楽しんでもれえた1日となったのではないでしょうか。

 

校長だより
ページTOPへ